ブルーレイディスク™について > ブルーレイディスク™ とは

ブルーレイディスク™ とは

ブルーレイディスク™は、ブルーレイディスク アソシエーションの商標です。高品位オーディオビジュアルの記録および大容量データのソフトウェア・アプリケーションのために開発されたブルーレイディスク アソシエーションの光ディスク規格を用いたディスクやプレーヤ等の製品について、ライセンスされています。片面1層ブルーレイディスク™には最大25ギガバイト、片面2層ブルーレイディスク™には最大50ギガバイトのデータを記録することができます。

ブルーレイディスク™ の歴史
80年代初期に導入されたCD(コンパクトディスク) は、従来のメディアに比べ音質が著しく改善されただけではなく、650MBの記憶容量によりデータストレージやデータ検索においても大きな飛躍を遂げました。再生専用、追記型、書き換え可能型と、メディア向けの世界標準が初めて設けられ、消費者が望む低コストで高品質、高機能を実現しました。

CDは音楽や小容量データのアプリケーションの記録や配布において非常に有用なメディアでしたが、90年代に入ると、より大容量である新しいメディアを求める声が強まりました。これによって誕生したのがDVD規格で、CDに比べ大幅に増加した容量を持ち、SD(Standard Definition)標準画像を高画質で記録再生することを可能にしました。また、容量の増加により、さらに大容量のデータアプリを格納できます。同時に、DVD規格でディスクの外形をCDと同型とし、次世代や旧型との互換性に配慮し、スムーズな移行ができるようにされています。

21 世紀を迎えた今、画像の高画質化が強く求められています。大幅に記憶容量を増やしつつ旧型ディスクにも対応できることが、新しいフォーマットの成功への鍵であると、これまでに証明されてきました。これらの重要な要素を備えて登場したのがブルーレイディスク™なのです。その記憶容量は大幅に増加し、25GBから50GB、100GB、128GBとなり、高品位(HD)画像であるハイビジョン放送の録画再生や高画質専用ソフトの再生など、光メディアの次世代アプリケーションにフル対応しています。ブルーレイディスク™は、そのデータ容量、高画質映像、インタラクティブ機能で最高のユーザーエクスペリエンスをもたらしてくれるフォーマットです。DVDのように、ブルーレイディスク™ フォーマット もCD/DVDとの互換性を考慮し、同じ外形のベアディスクとなっています。

ブルーレイディスク™とDVD
DVDがCDの数倍の記憶容量を持つのと同様に、ブルーレイディスク™はDVDの6倍近い容量を実現しました。ブルーレイディスク™は、赤色レーザーの代わりに青色レーザーを利用し、レンズを改善して、レーザービームのスポットをDVDよりもさらに小さくしました。これらの複合的な技術により、ディスクに小さなピットを高密度に記録しています。

レーザービーム・ビット比較

ブルーレイディスク™のデータ層は、DVDやHD-DVDに比べてより「近く」に設定されているため、ひずみが少なくなり、耐久性が著しく改善されました。これにより、精密化、超高密度化を実現しました。
ブルーレイディスク™はCDと同様に1種類の基盤で製造されていますが、DVDやHD-DVDは異なります。ブルーレイディスク™の製造工程では2種類の基盤を統合する必要がないので、より少ない生産資材、短時間での製造により、ディスク単位での低コスト化を実現しています。

データ層比較

ブルーレイディスク™はCDやDVD と同様の物理的特徴を備えており、カートリッジを必要としません。これにより、CDやDVDとの互換性*を保ったブルーレイディスク製品の生産が可能であり、スムーズな新技術への移行を実現しています。さらにノートパソコンなどの小型機器への組み込みにも最適なのです。

*メーカーにより対応が異なります。